管理栄養士の私が製薬業界に就職した理由

 

管理栄養士の資格を取得できる学校に通ってたのに、栄養士として就職しなかったのには理由がある。

 


それは、給料が安いけど激務、っていうその差を、『やりがい』って言葉で埋めている感じがしたのもそうだけど...

 

あ、栄養士をディスっているわけではなく、栄養士は素敵で素晴らしい仕事だと思ってる。未来を担って行く子供達にも食事を出すわけだから☺︎

 

 

静岡のがんセンターに実習に行かせてもらった時に、感じたこと。
静岡はがんセンターと子供病院共に、全国でも最先端の医療が受けられるところで、全国から患者さんがやってくる

 

私は希望して、がんセンターに実習に行かせてもらった
最先端の治療を見たかったのと、何より、末期のがん患者さんの最期の食事を出せるって思ったから。

栄養士として働くのに、これ以上のやりがいと誇りは無いと思ったから。

 

 

でも、実際の現場では、末期の患者さんって、ご飯食べれないんだよね。

食欲も無いし、なにより、食欲があったとしても、“家族の手料理が食べたい”って言うんだよね。
要は、私がやりたかったことはやれないってことだ。
病院の食事より、家族の手料理が食べたいって思うのって、結構普通のことで。

私はそこで、栄養士として就職するのは止めようって思った。

 

 

『やりがい』って何なんだ?

 

それで患者さんの病気が治せるならそれでも良いけど、治せないならそんなものはいらない。食事の意味って何なんだ…??どうすれば…

 

 

私は祖父をがんで亡くしている。中学生の時、血反吐を吐く祖父を見た時に、呆然と立ち尽くした。


無力。病気の前ではなんて私は無力なんだ…

 

 

その記憶が蘇って、患者さんの病気を治すのに、栄養士では無力だと感じた。

 

製薬の方に進むことがそこで決まったのかもしれない。

薬剤師でなければ薬に携われないと思っていた私は、今就いている職業の話を聞いた時に、今まで受けていた全ての合格を蹴り、就活の路線を一変させた。

 

 

そして、現在糖尿病薬の開発に携わらせてもらっている。
一年間で、糖尿病薬、精神病薬、自己免疫疾患(自分の免疫で自分を傷つけてしまう病気)などの薬に携わらせてもらった。

 

がんは…隣の席のチームががんの治療薬を作っているチームで、よく会話を聞いている。
“また患者さんが亡くなった”“若い人でもかかるんだよねーがんって”

 

 

がんの薬剤の開発は難しい。

でも、藁にもすがるような気持ちで、治験に参加する患者さんや、その家族の希望がある。
患者さんが亡くなったと聞くと、祖父が亡くなったことを思い出す。食事だけじゃ無くて、薬でも、患者さんのがんは治せないのか…

 

じいちゃん、私どうすれば良いかな?

 

 

がんは、肉体的ストレスによる活性酸素の増加と、精神的ストレスやその他生活習慣などが合わさって、体の細胞ががん化するスピードがその量が増加し、体がそれを修復できず、がん細胞がコピーされて行くことで、がんになる。
若い人であれば、進行スピードも早い。

家族のために、誰かのためにって頑張っている人ほど、食生活が乱れ、心身ともにストレスを受け、がんになりやすいなんて…

 

そんな世の中で良いの??
私、もうわかんないよ…

 

 

そこから、アメリカでは主流の考え方である、予防医学を徹底的に学んだ。

要は、『病気にならない体作り

 

セミナーにも通った。本も読んだ。めっちゃメモした。めっっちゃ勉強した。どうやったらきちんと伝わるか考えた。
元々の栄養の知識と薬剤の知識もあって、かなり専門的に話せるようになった。

 

 

時々、友達に、私の友達に栄養の話してーって、知識を話すことがある。

その時に、話を聞く子にまず最初に話すことは、“20代のうちにこの話が聞けるなんて、本当に連れてきてくれた子に感謝した方が良いよ”。

そうすると、話終わった最後には、“本当に連れてきてくれてありがとう”ってその子が連れてきた友達に言う光景が毎度のこと。

 

私は、本当にこの業界に就職してよかったな、って思う。

自分を守れるのは自分、とはよく言うけど、自分を守るために必要なのは

正確な情報”だ。

 

 

体は一つしかない。大事にして欲しい。
大事な人を大事にするために、ってよく言われるけど、ほんとそうだね。

 

じいちゃん、これからも見守っててね、よろしくね☺︎

f:id:akihonoho:20180328110756j:plain

 

人が、諦めるまでに挑戦する回数は?☺︎

日本人って、セルフイメージ(自己肯定感)が本当に低い民族だと思う。

 

先輩のblogを見て、何でかわかったんだけど、"完璧主義"なのが日本人であって、100点を狙いすぎるし、失敗を恥ずかしいと思うような教育をされているから、石橋を叩いて叩きまくって壊して、結局何もやらない、って人が大半なんだろう。

 

「人が何か目標を掲げたとき、諦めるまでに挑戦する回数は?」

ナポレオン・ヒルというアメリカの哲学博士が検証した結果。。

何回くらいだと思う?10回?100回?

答えは0.8回!!!

 

一回も挑戦してないやん!!笑

 

 

自分が何をやっても…泣

って弱気になることはないんだ。失敗は、敗けを失う、と書きます。(お~確かに。)

 

失敗するから、成功へとつながる。

くっつかない接着剤ができた!失敗作!!

しかしながらそれが、ポストイットの発明。

 

 

失敗を笑う人、挑戦に反対する人は、それをやったことの無い人、っていうことだけは知っておいたほうが良い。

 

ヨーロッパに留学したいと思ったときに、それを「治安が乱れているから危険だ」と止める人は、きっとヨーロッパに行ったことのない人か、留学をしたことのない人だろう。

 

事業を始める、といって止めるひとは、事業をやったことの無い人だろう。事業も経験、やりたいことがあればやればよいじゃないか、と言える人はなかなかに尊敬する。

 

 

 

結局、1度でも挑戦した者が強い。だって、みんな1回も挑戦してないんだから!

(0.8回だしね。笑)

 

ダイエーが、”うちにはスーパーがあるから要らない”とまだ日本には無かったセブンイレブンとの提携を拒否した。結果、イトーヨーカドーセブンイレブンと提携し、セブンイレブンが大元であるイトーヨーカドーを買収するまでに成長。慌てたダイエーが作ったのがローソン。セブンイレブンの売上を抜けない。

 

iPhoneがここまで流行るとは、10年前の自分たちは誰も思っていなかっただろう。

 

 

自分の殻に閉じこもっているほうがもったいないね☺︎

やりたいことがあるなら人生一回、絶対楽しんだほうが良い♪

心が先か、行動が先か

「鉛筆を横にして、横にくわえてごらん?口角が上がるから、体が勝手に”楽しい~!”って錯覚するんだって!」

と言われたときに、

「んなバカなっっ!!心が楽しいと感じていないときに、楽しいなんて感じるもんか」

と思っていたわけだが、面白い論文を発見した☺︎

 

1983年に行われた、ベンジャミン・リベット教授の実験だ。(カリフォルニア大学サンフランシスコ校の医学部・神経生理学教室)

頭骸骨を切開した人の大脳・随意運動野に電極をつけて、ひとさしを指を曲げる運動に対する運動準備電位を計測した。※運動準備電位は、無意識に始まる運動の指令信号である。
行動(筋肉の収縮)は、意識されて動くのかどうか、を確認する実験ということになる。

 

学校で習った知識を応用すると、以下の結果が出ることが考えられた。

①指を動かそうと「意図」する。
②指令が随意運動野に伝わる。
③無意識のスイッチがONになる。
④運動準備電位が発生する。
⑤指が動く
この順番に神経活動が起こると考えるのが普通である。


ところが結果は
①無意識のスイッチがONになる。
②運動準備電位が発生する(「意図」するより0.35秒前)。
③指を動かそうと「意図」する。
④指令が随意運動野に伝わる。
⑤指が動く(「意図」の0.2秒後)。

 

世界中の学者が驚き、世界中の学者が再度実験するものの、リベット教授のこの理論を論破する実験結果は未だ出ていないのだ。

 

どういうことかというと、無意識の”行動”が起こり、その行動に見合った”心”を後からタグ付けしているのだ、ということ。

 

この理論を用いると、「自由意志」という概念は無くなる。

あなたの今の全ての行動は、無意識によって”選ばされた”ものであり、そこに自分が選んでいる、といったそれらしき心を付与しているだけなのだ。それが顕在意識。「運命論!?(あらゆる物事は生まれたときから既に決まっている)」

と言ってしまうこともできる。

 

 

じゃあ、このケーキを食べちゃうのは、潜在意識によって選ばされてるってこと!?

f:id:akihonoho:20180320111629j:plain

ケーキを食べる、という行動より、ケーキを食べる行動を引き寄せるような潜在意識の使い方をしてるってことなのかな?

 

 

あーーーー深い~~

と痺れたわけだが、こうなると無意識(潜在意識)とどうお付き合いしていくかが勝負となる。

             潜在意識 顕在意識 に対する画像結果

 

潜在意識の使い方は簡単!☺︎

最近、楽しいこと無いな~って思うことがあったら、

「楽しいことしたい!!」って、潜在意識に刻み込む、これだけらしい☺︎

そのビジョンが明確であればあるほど、潜在意識が検索エンジンをかけて、ビジョンの方へ連れて行ってくれるんだって。

 

すっごい。潜在意識さま。。

 

自分にもっともっと語りかけてあげよう☺︎♪

別れとは?

     f:id:akihonoho:20180315145919j:plain

卒業のシーズンですね☺︎

春は出会いと、別れの時期。

 

「別れ」って、本当に一生のうちに何度来るのだろう?

親が亡くなったことによる別れ、大切な人との別れ、はたまた一度出会ったきり、二度と出会わない人もいる。

 

 

私にはよく聴く言葉がある。

”出会う人には意味がある。出会った人は、自分自身の鏡。”

 

要は、出会うべく時に出会うべき人と出会う。

そして、その人は自分を映し出す鏡である、と。

 

出会った人がとっても優しくて、一緒にいて落ち着く人なら、きっとあなたにも優しくて人を落ち着かせる、そういう面があるのだろう。

なんだか馬が合わなくて、いっつもイライラする人がいる。そんな人と出会ったなら、あなたも人をイライラさせているのかもしれないし、イライラしたその感情と向き合わなければならない時なのかもしれない。

 

出会いは必然。その出会いによって、何を感じるかは人それぞれだけど、出会いによって人は磨かれるし、逆に新たな出会いが無い人生で自分を磨いていくことはかなり難しい。

 

 

別れもまた必然かなって思う。

本当に大好きだったのに、突然別れを告げられた恋人。

まだ親孝行も何にもしていないのに、急に倒れて亡くなった親。

友達を通して広がった友達の輪。でも、急にその友達を輪を広げてくれた友達がいなくなったり。

 

別れって、いつだって寂しい。

仲が良ければ良いほど、大切に想ってれば想ってるほど、とっても寂しい。

泣くほど、誰かに話を聞いて欲しいって思うほど、寂しいかもしれない。

 

あれだけ多くの時間を過ごしたのに、あれだけ多くのことを語ったのに、あれだけ…

でも、時間の流れとともに、失っていく人間関係は絶対にあるっていうことは、周知の事実なんだろうけど。

 

だからこそ、別れによって、人間関係が精査されるよね。

大学時代、生きてきた24年間のうちの4年間という、かなり大きな割合を占める時間を一緒に過ごした友人の中で、社会人になって定期的に会う友人はかなり少数だ。

それよりも、自分の人生をかけて地方から東京へ上京してきてから出会った友人の方が、今は話が合ったりもするし。

 

 

本当に自分が傷つくようなインパクトを残す別れをしたなら、それはきっと、本当にあなたを成長させてくれる別れだと思うんだ☺︎

誰も何も悪くないよ。人はいつだって、誰だって、「自分が一番正しい」って価値観で生きてるんだから。

だからこそ、その人に感謝できる。あなたも、その人も、悪くないんだから。そして、学ぶ。そして、また歩き出す。

 

今まで同じ時間を共有してくれて、本当にありがとう。

 

 

ちなみに、インフルエンザよりも感染しやすい3つがあるんだって!

①あくび

②笑顔

③不機嫌

②が溢れる環境にいることで、自分の魅力はUPする♪

東北大震災から7年…目の前の人を幸せにしたい☺︎

めまぐるしい毎日だけど、それでも、携帯の画面を見ると、3/11の文字があって、思わず立ち止まった。


東北大震災から7年。
高校生だった私も、社会人2年目になり、新卒で入社した会社を今月を以って退社する。

 

時間とは早いものだ。
しかしながら、今も、

 

7万3千人の人が、避難生活を強いられている。

 

Yahoo!で『3.11』を検索すると10円寄付されるYahoo!Japanのサービスが話題になったが、このサービスは本当に素敵な試みだと思う

fukko.yahoo.co.jp

何かしたいけど、何をして良いかわからない人たちに手を差し伸べる方法を立案するのは、かなり良い方法だね♩

 

 

私の周りには、本当に素敵な人たちがいる

 

私の人生に一番大きな影響をくれた先輩は、バイクの免許を取ってはじめての遠出が東北大震災の被災地だった。

私のバイクを直しに来てくれたバイク屋のお兄さんは、東北大震災が起こった時ボランティアへ行き、今月被災した方々の作った刺繍の展示会のボランティアに自ら参加し、お金まで寄付した。

毎月毎月、被災地の人たちを想って、少額だけど寄付を続けている、私が尊敬する人がいる。

私が提携している企業は、製品の何%かを寄付金として集め、その寄付金により被災地に家を作り、現地の方々の生活を支えている。

昨日までやっていたお世話になっている方のフリーマーケットの入場料100円は全てチャリティだ☺︎

 

 

先輩と真剣に語り合った時に出た話だけど、
戦時中に特攻隊として亡くなっていった人たち
震災で恐怖の中亡くなっていった方々
毎日バイク事故で亡くなっている人たち

 

そういう人たちの覚悟や恐怖、哀しみに比べたら、私の今の悩みなんてなーーーんてちっぽけなんだろなって。
そして、私は夢を追いかけられる状況にあって、本当に幸せだなって。

 

亡くなる瞬間って、人は、何を想うのだろう?

 

ご冥福をお祈りいたします。
あなた方がいたから、今の日本があるし、私もここへ立っていて、夢を追いかけられる。
感謝します。

 

今出来ることを全力でするんだ
目の前の人の幸せを一生懸命願うんだ
大切なものを大切にするんだf:id:akihonoho:20180312202529j:plain

本から学ぶ①No.2理論

最近『No.2理論: 最も大切な成功法則』という本を読んだ。

no,2理論 に対する画像結果https://www.amazon.co.jp/No-2%E7%90%86%E8%AB%96-%E6%9C%80%E3%82%82%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AA%E6%88%90%E5%8A%9F%E6%B3%95%E5%89%87-%E8%83%BD%E5%8A%9B%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%81%AE%E9%AD%94%E8%A1%93%E5%B8%AB%E3%83%BB%E8%A5%BF%E7%94%B0%E6%96%87%E9%83%8E-%E8%A5%BF%E7%94%B0-%E6%96%87%E9%83%8E/dp/4774513806

 

著者は西田文郎さん。

初めてスポーツ業界にメンタルトレーニングを取り入れた方で、各界で活躍なさっているが、北京オリンピックの女子ソフトボールで日本が優勝した時のメンタルトレーニングを担当していた方☺︎

 

毎年毎年同じ国が優勝し続けていると、その競技はオリンピック競技から消えることになっている。ソフトボールもその一つで、北京オリンピックより前はずっとアメリカが金メダルを取り続けていた。

そんな中、北京オリンピックで再び日本が負けて、アメリカが優勝してしまうと、これからソフトボールをがんばっていこうという若い世代の芽を摘んでしまう…!

と考えた代表選手たちは、西田さんにメンタルトレーニングをお願いし、見事北京オリンピックの舞台で金メダルを獲得した。

もちろん彼女たちの努力こそ大きいが、西田さんの活躍も素晴らしい☺︎♪

 

そんな方が著者の、『No.2理論』

ーNo.1が会社を潰し、No.2が会社を大きくするー

なんとっ!という感じだった。社長が夢を実現するために立ち上げた会社であるけれども、それを実現しようと必死になって動いてくれる”優秀な”No.2が現れないと、会社は停滞してゆく…

 

確かに、その理論でうなづけることは非常に多かった。

私の周りには事業をしている友人が多いが、その事業の中ではその傾向がかなり顕著に現れていたからであった。

 

もちろん、リーダー役(社長)とマネジメント役(No.2)の両方をできる人もいる。初めは、伸びていく。しかしながら、ふと事業の規模が大きくなっていったときに、成長のスピードは格段に遅くなり、ついには停滞する。

むしろ、社長が苦手分野を明確にし、誰かにその苦手分野を任せてしまう方が伸びていたりする。

 

その現場を見ていたため、社長の能力と会社の売上は比例しないこと、社長の理念を受け継ぐ人がいると、会社は強くなる、といったことが、この本を読んだことにより、言葉として頭の中で整理され、自分の言葉で伝えられるようになった。

 

 

No.2の要素として重要なことは、「積極的自己犠牲である」と書かれていた。

 

…自己犠牲??

事業を展開する中で、自己犠牲は誰のためにもならない、と教わってきた私からすれば、新たな考え方だった。

積極的自己犠牲とは、自らの美学は捨て置き、自ら望んで社長の目的のために社員をまとめ、マネジメントしていくことだ。

私が誰のためにもならない、と教わっていたのは、消極的自己犠牲だったのだ。

 

社長になりやすい世の中になりつつあるが、No.2になろうとしている人はあまりいない。誰でもできることではないからだ。

No.2になるためには自分の理念を捨てる必要があるため、勇気がいる。

しかしながら言いなりではなく、自ら考えてマネジメントしていく能力も必要であるため、本当に優秀な人間しか勤まらない。

 

私は優秀ではないが、ある人の力にはなれるな、と確信がある。

ある人、とは、付き合いの長い先輩で、私の人生に最も影響を与えてくれた方だ。

先輩とはここで何を話すか、そしてどのように動いて欲しいか、すり合わせることが可能であると踏んだ。つまりは、阿吽の呼吸が使えそうであったのだ。

だからこそ、No.2になることに決めた。まずは先輩のNo.2になることでマネジメント能力を上げ、先輩の事業を大きく伸ばしたかったのだ。お世話になっている先輩の力添えができることほど楽しいことはないし、そのためになら自分の美学など、一旦は捨て置くことができる、と考えた。

そして、世代交代的に、私のNo.2が時機に現れてくると考えた。社長のNo.2の考えを受け継ぐNo.2が現れることで、さらなる事業の発展ができるのではないか、と。

 

実験的にやってみようと思う。

私の更なる課題は、女性リーダーとしての立ち振る舞いである。何かおすすめの文献等あったらご教示いただきたい。

 

私は本を読むことの価値は以下の通りであると考える。

①著者の10年分の経験から得た学びを破格で買えること

②タイトルが明確になっているから、頭の中の知識として整理しやすい

 

 

その時々に、感動する本に出会える人生は素敵だと思う♪

より多くの人の心を集める話し方☺︎

商品を販売する、となった時に、企画やマーケティングの専門家たちがこぞって頭を悩ますのは、その商品がヒットするかしないかは、”見せ方(魅せ方)”によって決まる、と誰もが考えているからであろう。

私はお医者さんの前でプレゼンをする仕事に就いているが、プレゼンテーション資料の配色や話を進めるスピード、何から話をした方が分かりやすいか等、毎度頭を悩ませている。

 

 

視覚に訴えるだけでなく、言語を扱う私たちにとって、”話し方”というのもとても重要なソリューションである。

 

私が尊敬する事業家の方に最近おすすめされた動画が、

◇サイモン・シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか (How great leaders inspire action) (TEDより)

 

この動画の中にAppleの例が出てくるが、なぜAppleの製品が、これだけ市場規模の大きな業界においてiPhoneMacbookをこれほど売り出せるのだろうか?が見えてくると思う。

 

答えは、『話をする順番』によるというものだ。

まずは「私たちが今回発売したのはこちらの商品です。」

次に、「なぜこちらの商品を発売するかと申しますと、こちらの商品を使うことでお客様の作業効率化がさらに容易になります。」となり、

最後に、「だから、こちらの商品はいかがですか?」

という、よくある手法である。

 

動画の中で、ゴールデンサークルという概念が提示される。

ゴールデンサークル why に対する画像結果

先ほど例に挙げた商品の売り方だと、このサークルの”外から内”に話の展開を進めているのがわかる。(What:なぜこの商品をあなたにおすすめしたいのか、How:他の製品と何が異なるのか)

 

 

Appleは違っていたという。サークルの”内から外”に話を進めていくという。

「私たちは世界を変えたい。(Why)」

「私たちが世界を変えるということに必要なのは、美しいデザインと、簡単な操作性n加え、親しみやすさです。(How)」

「こうして、素晴らしいコンピューターが出来上がりました(What)」

 

こうしていくことで、Appleは革新的な印象を消費者に与え、売れ続けているのだという。

 

『なぜ、やるのか』を最初に掲げたものが、人の心を掴む。

空を飛びたい、と飛行機を作り出したライト兄弟。当時、ライト兄弟よりも資本があり、開発の人数も多かった団体が多くあったらしい。

距離が離れていても、その人の声を届けることができたらよいな、と電話を発明したグラハム・ベル博士。

キング牧師よりもお金があって地位もある人もいたはずなのに、なぜキング牧師に人はついてきたのか。

 

 

この話し方はすごい!と思った。

なぜ、今自分はそれに一生懸命なのか、から話し始める。よく言われてきたことだったが、論理的に理解できたのははじめてだったので嬉しい☺︎♪