医療職っぽいことをつぶやいてみる☺︎育毛の”リアップ”について

医療業界の人間の間でよく知られているのが、日本で初めて「発毛」や「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果を認められたリアップ。

なぜ有名なのかというと、【主作用と副作用を逆転させたから!】

 

どういうことかというと、リアップは医薬品であるミノキシジルを主成分とした、壮年性脱毛症向けの外用発毛剤である。

 

このミノキシジルという成分。米アップジョン社が血圧を下げる薬として開発した成分で、1979年にアメリカで降圧薬として承認されていたのである。その臨床試験を通して気付いたことが、ミノキシジルを投与した壮年男性の髪がなんとフサフサに!!

「これは使える!」と思った大正製薬が、主作用「血圧を下げる」と副作用「発毛」を逆転させて開発し、1999年に一般用医薬品として発売されたのがリアップだということ。

 

私の兄も薄毛で悩んでいたが、そういう男性にとって、こういう薬剤は希望をもたらしてくれる。

しかし、逆に健常人がリアップを使うと、血圧が必要以上に下がってしまったり、そもそも心臓に負担をかけるために色々な病気を併発している人には使用できない、など、問題点は様々である。

 

リアップは医薬品としては日本で初めて、医療用医薬品を経ずにOTC医薬品として発売されたダイレクトOTC薬。医薬品開発の身からすると、最高に素晴らしい薬剤であることは間違いない。

それでも、血流を活性化し、発毛を促す作用機序らしいが、心臓をどくどくさせながら、それでも見た目に気を遣って辞められない(というか、辞めるのが怖い)男性がいっぱいいるらしい。

 

 

こういう知識があると、”そもそも、心臓に負担をかけない発毛剤は無いのか?”という疑問にまでたどり着くのは普通だと思う。無い、というのが今までの返答であったが、実はあるにはあるのだ。髪の毛の毛根にある毛母細胞を活性化し、血流に負担をかけることなく育毛を促すもの。非常に良く考えられているなーと感激した。

 

ここまで来ると、「何かの販促?」となるかもしれないが、完全に個人の趣味でブログを解説しているため、全くそんなことは無い。笑

日々、頭の良い人たちが一生懸命自分の名誉のためだけでなく、人々のために頭を使って考えてくれている♪