有名人から学ぶ①ダルビッシュ有選手

【今のあなたは、人生もっとチャレンジしておけば良かった、って思った40代の自分がタイムスリップしてきたあなたかもしれない】

ダルビッシュ有さんのインタビューでのお話。...


高校生の時に、超大型新人として入学し、プロになるやいなや大活躍。そんなある日。
交流戦でヤクルトの選手にホームランを打たれた。

 

その夜、彼は自分と向き合って、眠れない夜を過ごす。


“もしかして自分って、1.5流…もしくは2流に落ちぶれていくのではないか”

 

彼は想像したんだって。40代になって、自分自身が、もううだつの上がらない選手として野球人生を終えていく姿を。

その時に、“えーっ”と思って、その40の自分が神様に手を合わせて、

 

『お願いだからあの日に戻して!』

 

って言って、20歳の今日に戻ってきたっていうマインドセットに変えた。

 

 

 

40歳の自分が、今の年齢に戻ってきたら、なんていわれるんだろう?

「もっとがんばれよ!」

って言われるか

「今つらいかも知れないけど、今のお前がいるから、最高な人生を送れてるよ」

って言われるのか

 

 

◆亡くなる人の9割が、もっと冒険しておけばよかった、と後悔して亡くなる。

◆「人生で一番最高な時はいつでしたか?」と聞かれたときに

縛られた人生だけを送ってきた人は、「20代」と答え、

酸いも甘いも味わってきた人は、「40代」と答える。

◆会社に入社した当初、「今のうちに遊んでおけよ」って上司もいたが、

「今はつらいよな、金も無いし人脈も無いしな」って大人も私の周りにはいた。

◆課題にぶち当たったときに、「○○がやらないからだ」と人のせいにした過去もあったが、「神様から試されてるな~」と責任の所在を自分にしてしまったほうが心境穏やかだった。

◆その人のいないところでその人のことを悪くいう人もいる。本人には言えないから。

その人のいないところでその人のことを褒める人もいる。本人には言うの恥ずかしいから。

◆「仕事ができなくてだらだら残業すること」に対して叱られたことは無いが、「仕事をさっさと切り上げて毎日早く帰ること」に対してねちっこく言われたことがある。

 

 

マインドセットはより良い人生にとって、非常に重要な観点だと気付く。