東北大震災から7年…目の前の人を幸せにしたい☺︎

めまぐるしい毎日だけど、それでも、携帯の画面を見ると、3/11の文字があって、思わず立ち止まった。


東北大震災から7年。
高校生だった私も、社会人2年目になり、新卒で入社した会社を今月を以って退社する。

 

時間とは早いものだ。
しかしながら、今も、

 

7万3千人の人が、避難生活を強いられている。

 

Yahoo!で『3.11』を検索すると10円寄付されるYahoo!Japanのサービスが話題になったが、このサービスは本当に素敵な試みだと思う

fukko.yahoo.co.jp

何かしたいけど、何をして良いかわからない人たちに手を差し伸べる方法を立案するのは、かなり良い方法だね♩

 

 

私の周りには、本当に素敵な人たちがいる

 

私の人生に一番大きな影響をくれた先輩は、バイクの免許を取ってはじめての遠出が東北大震災の被災地だった。

私のバイクを直しに来てくれたバイク屋のお兄さんは、東北大震災が起こった時ボランティアへ行き、今月被災した方々の作った刺繍の展示会のボランティアに自ら参加し、お金まで寄付した。

毎月毎月、被災地の人たちを想って、少額だけど寄付を続けている、私が尊敬する人がいる。

私が提携している企業は、製品の何%かを寄付金として集め、その寄付金により被災地に家を作り、現地の方々の生活を支えている。

昨日までやっていたお世話になっている方のフリーマーケットの入場料100円は全てチャリティだ☺︎

 

 

先輩と真剣に語り合った時に出た話だけど、
戦時中に特攻隊として亡くなっていった人たち
震災で恐怖の中亡くなっていった方々
毎日バイク事故で亡くなっている人たち

 

そういう人たちの覚悟や恐怖、哀しみに比べたら、私の今の悩みなんてなーーーんてちっぽけなんだろなって。
そして、私は夢を追いかけられる状況にあって、本当に幸せだなって。

 

亡くなる瞬間って、人は、何を想うのだろう?

 

ご冥福をお祈りいたします。
あなた方がいたから、今の日本があるし、私もここへ立っていて、夢を追いかけられる。
感謝します。

 

今出来ることを全力でするんだ
目の前の人の幸せを一生懸命願うんだ
大切なものを大切にするんだf:id:akihonoho:20180312202529j:plain